Record:   Prev Next
書名 地域考古学の展開 : 村田文夫先生還暦記念論文集 / 村田文夫先生還暦記念論文集刊行会編
出版項 福島県 : 村田文夫先生還暦記念論文集刊行会, 2002[民91]
館藏地 索書號 處理狀態 OPAC 訊息 條碼
 傅斯年圖書館日文圖書區  J 990.79 1595    在架上    30530104923073
說明 8, 577面 : 図, 表 ; 26公分
¥7000 (平裝)
附註 附錄: 村田文夫先生年譜
含参考文献
主題 考古學 -- 日本 -- 論文,講詞等 csht
Alt Author 石川太郎 著. 後期舊石器時代前半期の石斧の轉用
織笠昭 著. 花見山型有茎石鏃・有茎尖頭器形態論
堤仙匡 著. 東北南部における繩文早期末葉の居住活動 : 大畑G式期における居住活動の一側面に關する予察
谷藤保彥 著. 群馬縣における二ツ木式土器
澀谷昌彥 著. 山陰・近畿・北陸地方を中心とする木島式土器の研究
大濱良介 著. 玦狀耳飾の起源・系譜
佐藤典邦 著. 燕形離頭銛の起源
吹野富美夫 著. 島名遺跡出土土偶の檢討
角田學 著. 福島縣浪江町七社宮遺跡出土の土偶について
野坂知廣 著. 阿武隈周邊におけるI字文石棒覺書
乾芳宏 著. 繩文時代晚期から續繩文時代への墓壙變遷 : 北海道余市町大川遺跡を中心として
野崎欽五 著. 彌生時代の影向寺臺とその周邊
藤田富士夫 (1948-) 著. 魏志倭人傳の「奴國」と婦負王國
宮代榮一 著. 古墳時代の馬裝の變遷 : アセンブリッジに基づく馬具の複合的分析
菅原文也 著. 墓室を飾る三角文の一解釋
鈴木源 著. 岐閇國造考
利部修 著. 出羽北半・橫手盆地の裝飾を施した須惠器 : 竹原窯跡と富ケ澤窯跡群を中心に
大竹憲治 (1952-) 著. 群山五番遺跡出土の佛教的文物考 : 瓦塔・凸印・鴟尾
遠藤靖 著. いわき市渡邊町における古代道をめぐって
瓦吹堅 著. 砂濱の遺跡 : 茨城縣北茨城市內の樣相
深澤靖幸 著. 武藏國府・國分寺跡出土の「多上」「多下」文字瓦をめぐって : 古代多磨郡の地域編成區分
小林義孝 著. 火葬墓はどのように受容され, 在地化したか : 關東地方の石櫃をもつ火葬墓を例に
明石新 著. 人面墨書土器考 : 神奈川縣出土の人面墨書・刻書土器について
岡本孝之 著. 相模宗元寺跡の復元伽藍
時枝務 (1958-) 著. 日光男體山頂遺跡における經筒の存在形態
菊池信吾 著. 津輕氏城跡の研究 : 史跡津輕氏城跡 堀越城跡にみる津輕の中世~近世過渡期社會
釰持輝久 著. 三浦半島出土のウシ・ウア : 古墳時代から中世まで
坂本美夫 (1947-) 著. 山梨縣の中世石佛 : 陽刻六地藏板碑を中心として
水澤幸一 著. 北陸における中世後半期の井戶 : 水溜・石組側・桶
田村雅樹 著. 中世村落の景觀にみられる支配構造 : 特に山間地形の事例を中心
渡邊誠 著. 馬絹考
須田久仁彥 著. 六道錢と錢貨の品質
坂本彰 著. 胎盤埋納の終焉 : 都筑における近世農家の調查から
池田悅夫 著. 近世磁器染付皿の高臺圈線について
野澤則幸 著. 愛知縣新城市富岡瑞雲寺不動堂の鰐口について
鈴木一男 著. 「海內第一避暑地」に於ける煉瓦構造物小考
國見徹 著. 「海內第一避暑地」に於ける煉瓦構造物小考
坂本和也 著. 坪井正五郎ノート : 「小梧」から「つぼるしようごらう」へ
佐佐木龍二 著. 「考古界」創刊號に揭載された「バイカル湖畔日人の碑」についての再檢討
鯨岡勝成 著. 近代日蓮傳史 : 日蓮傳のベストセラー
盛本勳 著. 貝でタコを釣る話
植田文雄 (1958-) 著. 臺灣的考古學事情, 附模造矛
關俊彥 (1940-) 著. 北米カリフォルニアの先住民 : コスタノアン族
村田文夫先生還暦記念論文集刊行会 編
Alt Title 村田文夫先生還曆記念論文集
Record:   Prev Next