Record:   Prev Next
書名 大正・昭和期の日本政治と国際秩序 : 転換期における「未発の可能性」をめぐって / 武田知己, 萩原稔編
出版項 京都 : 思文閣出版, 2014
國際標準書號 9784784217175 (精裝) : ¥6500
book jacket
館藏地 索書號 處理狀態 OPAC 訊息 條碼
 近史所郭廷以圖書館  J 320.931 206    在架上    30550120244049
 人社中心  731.276 1681    在架上    30560301074164
 傅斯年圖書館    處理中  
「転換期」日本の国際認識 
 第1章近代日本の「新秩序」構想の〈新しさ〉と〈正しさ〉 / 武田知己21
 第2章「国際主義者」という名の新渡戸稲造のイメージと実相 / 五味俊樹54
 第3章一九二0年代『外交時報』にみる日本知識人の対外認識 / 伊藤信哉82
 第4章戦間期のアジア・ブロック論に関する一考察 / 大木康充113
「転換期」の構想と現実 
 第5章民衆の時代と実業精神 / 和田守147
 第6章日米関係と『実業之日本』 / 佐賀香織181
 第7章第一次大戦後の世界秩序と日本の「改造」 / 神谷昌史206
 第8章三宅雪嶺における「哲学」と「時論」のあいだ / 長妻三佐雄236
 中国認識の諸相 
 第9章近代日本における中国認識の一側面 / 萩原稔267
 第10章東亜同文書院の「未発の可能性」について / 武井義和302
 第11章長野朗の外事評論 / 西谷紀子332
說明 [4], 371, 13面 : 表 ; 22公分
附註 含索引
主題 政治 -- 日本 -- 歷史 -- 大正時代(1912-1926) csht
政治 -- 日本 -- 歷史 -- 昭和時代(1926-1989) csht
Alt Author 武田知己 編
萩原稔 編
Alt Title 転換期における「未発の可能性」をめぐって
Record:   Prev Next