MARC 主機 00000nam  2200000 i 4500 
008    120522s2011    ja a     b    000 0 jpn d 
020    9784130203005 (平裝) :|c¥3800 
040    AS|bchi|cAS 
041 0  jpn 
245 00 真珠湾を語る :|b歴史.記憶.教育 /|c矢口祐人, 森茂岳雄, 
       中山京子編 
246 10 歷史記憶教育 
260    東京都 :|b東京大学出版會,|c2011 
300    4, 282面 :|b圖 ;|c21公分 
504    含參考書目 
650  7 歷史|x教學法|x論文,講詞等|2csht 
650  7 珍珠港事變|x論文,講詞等|2csht 
700 1  矢口祐人|e編 
700 1  森茂岳雄|e編 
700 1  中山京子|e編 
970 12 |l第1章|t真珠湾の歴史.記憶.教育|c矢口祐人|f矢口祐人|p1 
970 12 |l第2章|t真珠湾の記憶と歷史教育の壁|c油井大三郎
       |f油井大三郎|p21 
970 12 |l第3章|t記念と教育|cGeoffrey White|fWhite, Geoffrey
       |c高良育代|f高良育代|p33 
970 12 |l第4章|t「文化戦争」における記憶をめぐる争い|c米山リサ
       |f米山リサ|c矢口祐人|f矢口祐人|p57 
970 12 |l第5章|t大眾文化におけるアジア太平洋戦争|cTessa Morris-
       Suzuki|fMorris-Suzuki, Tessa|c矢口祐人|f矢口祐人|p73 
970 12 |l第6章|tマリアナ諸島で大戦を記念する日本人|cKeith L. 
       Camacho|fCamacho, Keith L.|c畠山望|f畠山望|p97 
970 12 |l第7章|t教材としての東京裁判|c戶谷由麻|f戶谷由麻|p121 
970 12 |l第8章|t「真珠湾」を授業する|c森茂岳雄|f森茂岳雄|p137 
970 12 |l第9章|t記憶と表象|p151 
970 12 |t広島における主体的な平和学習の取り組み|c神垣しおり
       |f神垣しおり|p151 
970 12 |t真珠湾攻擊から70年目を迎えて今もくすぶる問題|c藤本文昭
       |f藤本文昭|p159 
970 12 |t第二次世界大戦の戦没者追悼のあり方を考える|c松井克行
       |f松井克行|p167 
970 12 |t記憶と表象|c西村明|f西村明|p175 
970 12 |l第10章|tメディアの活用|p179 
970 12 |t「真珠湾」以降の日系人の描写と戦後補償|c織田雪紅
       |f織田雪紅|p179 
970 12 |t第二次世界大戦中の日米兵士が聴いた音樂|c居城勝彥
       |f居城勝彥|p187 
970 12 |t真珠湾攻擊をめぐる日米高校生の意見交換|c松澤徹|f松澤徹
       |p195 
970 12 |t真珠湾とヒロシマの記憶をめぐる日米共同実踐|c中山京子
       |f中山京子|p203 
970 12 |tメディア活用がもたらす効果|c豊田真穗|f豊田真穗|p211 
970 12 |l第11章|t參加1.体驗学習|p215 
970 12 |tディベ-トから作り上げる歷史観|c荒川裕紀|f荒川裕紀|p215 
970 12 |tアジア太平洋戦争を多角的に見る|c金山顯子|f金山顯子|p223 
970 12 |tもう一つのハフイ.体驗的な学び|c金田修治|f金田修治|p231 
970 12 |t高校世界史日本史における平和学習と真珠湾攻擊|c簑口一哲
       |f簑口一哲|p239 
970 12 |t歷史教育における參加.体驗型学習に関する所感|c飯高伸五
       |f飯高伸五|p246 
970 12 |l第12章|t訪問.交流活動|p249 
970 12 |t太平洋戦争に関する合理的な理解の形成をめざして|c蟲本隆一
       |f蟲本隆一|p249 
970 12 |t地球市民社会としてのハフイ|c大瀧修|f大瀧修|p257 
970 12 |t真珠湾の記憶はグアムにもある|c中山京子|f中山京子|p265 
970 12 |t同じ時間.同じ空間.異なる歷史認識の共有|c佃陽子|f佃陽子
       |p273 
館藏地 索書號 處理狀態 OPAC 訊息 條碼
 近史所郭廷以圖書館  J 901.07 074    在架上    30550120227333