Record:   Prev Next
作者 田中草大 (1987-) 著
書名 平安時代における変体漢文の研究 / 田中草大著
出版項 東京都 : 勉誠出版, 2019
國際標準書號 9784585291725 (精裝) : ¥8000
book jacket
館藏地 索書號 處理狀態 OPAC 訊息 條碼
 傅斯年圖書館日文圖書區  J 431.14 0575    在架上    30530111305629
 人文社會聯圖  803.109 6544 2019    在架上    30630010115499
版本 初版
說明 10, 378, 7面 : 表 ; 22公分
附註 拼音題名: へいあんじだいにおけるへんたいかんぶんのけんきゅう
平成30年度日本学術振興会研究費補助金「研究成果公開促進費」助成出版
據2016年東京大学刊本修正・改訂
原博士論文題名: 平安時代における変体漢文の日本語学的研究
含参考文献及索引
変体漢文導論-- 研究史と本研究の観点-- 橋本進吉による「変体漢文」の定義と古事記の位置付け-- 語彙より見たる変体漢文の性格. 1 文体間共通語への着目-- 語彙より見たる変体漢文の性格. 2 漢文訓読語的部分への着目-- 助動詞用法の「欲」の訓法と用法-- 変体漢文における不読字-- 仮名文から変体漢文への「変換」の過程-- 変体漢文における、表記体に起因する言語的特徴の整理-- 結論
主題 日本語言 -- 歷史 -- 平安時代 (794-1185) csht
Alt Title へいあんじだいにおけるへんたいかんぶんのけんきゅう
平安時代における変体漢文の日本語学的研究
Record:   Prev Next